♡Life

【ライフプラン】最近よく耳にするiDeco、NISA、つみたてNISAってなに?

投稿日:

Pocket

Skitterphoto / Pixabay

最近雑誌などでもよく紹介されている「iDeco」「NISA」「つみたてNISA」。

なんとなくお得になることは知っているけど実際どんな制度?と理解が薄い方も多いのではないでしょうか。

理解がないまま始めると大変なことに?!

順番に説明していきますので是非参考にしてみてくださいね。

 

iDecoやNISAとは

「iDeco」や「NISA」「つみたてNISA」とは国が推奨している税金面でお得な投資制度です

バブル崩壊以来、日本では長期的インフレが続き国自体が貧乏になり、サラリーマンのお給料だけではなかなか生きづらくなってしまったのが現実です。

お金がなくなってしまった今、「現金」への信頼(執着)が高まり、「投資」に対するリスクイメージがあるため、国のお金がなかなか循環しません。

そういった負のスパイラルを抜け出す解決策として、推奨している投資制度がiDecoやNISA、つみたてNISAです。

沢山の人にお金を運用してもらうべく考えられたお得な制度とは税金免除です。

 

どのくらいの税金免除?

通常、資産運用で得た利益に対する税金は20.315です。

そのため例えば100万円の利益が出た場合、約20万円税金として引かれ、結果として約80万円しか手元に残らないということになります。

しかし、iDecoやNISA、つみたてNISAの場合は、利益丸々100万円手に入るということです。

 

iDecoとは

まず、iDeco=確定拠出年金のことで、「年金」とついているだけあって個人でつみたてる年金のことを指します。

毎月5,000円〜23,000円を投資することができ、利益に対する税金がかからないのはもちろん、控除の対象になるということがメリットとしてあげられます。

掛け金が大きければ大きいほど、節税効果があるので本当にお得な制度です!

ただ、一つ注意しなければならないのは60歳まで運用を解約すること&引き出すことができないということです。

そのため、お金が足りなくても、子供が生まれて急にお金を引き落としたいという場合も、支払いを続ける必要があるということです・・・。

 

NISAとは

年間最大120万円のNISA枠で購入した金融商品は5年間利益に税金がかかりません。

ただ5年すぎる前には損をしていた場合でも売却をするか、課税口座に移すか、翌年の新規非課税枠にロールオーバーする必要があります。

また、普通は損をした場合損失計上として税金が軽くなりますが、NISA枠で購入した分にはそれができません。

 

つみたてNISAとは

年間最大40万円のつみたてNISAを購入することができ、20年間利益に税金がかかりません。

分散投資できるため、リスクを軽減することができます。

そのため、初心者向け&長期投資向けと言えるでしょう。

 

まとめ

もちろんどれもリスクは0ではありませんが、若いうちからどこでどのようなメリットを駆使して、元本を増やしていくかを検討することが重要な時代になります。

iDecoをやるよりもその分を住宅ローンに当てて、早く返済する方が良い!という方もいますし、自身の人生設計を踏まえた上で資産運用をしてくださいね◎

 

 

 

 

 

-♡Life

執筆者:

関連記事

【ライフプラン】25歳OL女子の生涯設計と資産運用について

昔は女子会をすれば、みんな揃いに揃って恋愛の話、理想的な家庭像とかについて話すことが多かったような気がします。 そんな私が24歳で結婚したいという夢が叶い、実際に結婚を経て、これからのライフプランにつ …

アメリカでの現金保有率は13%?!資産運用が絶対に必要になる時代

Olichel / Pixabay   最近老後資金が2,000万円必要になると言われていますよね。 怖くなって自分の人生設計についてよく考えるようになりました。 今後のライフプランについて …

【ライフプラン】1ヵ月PayPay使うと●円もお得に?!絶対に乗っかるべきキャッシュレス!

JESHOOTS-com / Pixabay ここ最近「キャッシュレス」と良く聞くようになりましたね。 国を挙げてキャッシュレスレス比率を40%に引き上げる運動があるために、LINE Payやorig …

【ライフプラン】新卒で入った大手企業をやめて転職した理由・・・

StartupStockPhotos / Pixabay 2015年に大手の企業に運良く新卒で入社。 誰もが羨む企業に入ったはいいものの、丸3年で退社し転職。 今の生活に何かしらの疑問だったり、挑戦し …